採用情報 SUGARCRM サポートサービス サイボウズ SIパートナー kintone開発 アライアンスパートナー募集 株式会社ゼンクのfacebookページ
最新情報

ブログ

 Rat,Ox,Tiger,Hare,Dragon,Serpent,Horse,Sheep,Monkey,Cock,Dog,Boar。最近仕事に支障が出始めたので英語の勉強を本気でやらないといけないと思い、何かと英語に変換して無理やり単語を覚えるという戦略です。これ、何か分かりますよね。そう、十二支です。英語で書くとこうなるんですね。今年も残すところ1ヶ月足らずとなりました。そういえば今年って辰だったな、と思いだし今回のテーマにしてみました。年男なんです、私。今年一年を振り返ろうかなと思った時に、12年に1回だからついでにこれまでの年男yearで何があったのかも振り返ってみようと思いました。

 1976年(昭和51年)、この年もっとも大きな出来事は殆どの皆さんがロッキード事件と言うのではないでしょうか。細かい話はよく知りませんが、高度経済成長をけん引したカリスマ総理が逮捕されるという事件ですね。カリスマと言えば中国のカリスマ指導者が亡くなったのもこの年なんですね。当時の中国が現在まで発展するとどのくらいの人が思っていたのでしょうか。調べた限りでは全体的に暗いニュースが多い感じです。そんな中、産まれた私。当然、そんな出来事は全く覚えていません。たぶん現在ゼロ歳の息子同様、周りの空気も読まず泣きまくっていた事でしょう。

 うちの息子も辰年であることが判明したので先に今年の出来事について。今年の大きな出来事と言えば、個人的にはウイルス性の結膜炎にかかって会社を1週間休んだことですね。さぞや電話とかメールとか社員からガンガン来るんだろうなと思っていましたが、ほぼ皆無。いやー素晴らしい会社だと我ながら思いました・・、とあまり言っていると「こっちは死ぬほど大変だったんだ!」という声が聞こえてきそうなのでこれくらいにしておきます。世の中的には真っ只中の衆議院選挙が大きな出来事なのでしょうが、政治の話をここでするのはやめておきます。

 今日はこのくらいでいいかなと思います、1988年と2000年はまた後日にします。年内に筆を取れればの話ですが。

 子供のころから、本を読むのが嫌いでした。「本を読んどかないと大人になって恥をかくよ」という親の忠告を華麗にスルーしながら大人になってしまいました。先日、メルマガ中のコラムを書いてほしいとのご依頼をいただき、何事も経験だと思ってチャレンジしました。依頼元の品位を損ねないようにと普段は使わないような言葉を使ったのが失敗でした。

誤:感謝の念が付きません

正:感謝の念が尽きません?

 感謝が付かないって「感謝してない」みたいじゃないか、と自分でつっこみを入れてしまいました。?にしているのは、そもそも「感謝の念が尽きません」という表現自体が正しくない可能性があるみたいだからです。(google先生曰く)辞書の文例では「感謝の念にたえません」が圧倒的に多いので、これが正解なのか・・。とにかく、普段使わないような言葉をかっこつけて使った自分が悪いのです。かっこつけたいのなら、それに見合った努力をしないといけない訳です、優れた文章を読む、そう読書です。親の言うこと聞いておけばよかった・・・。

 恥の上塗りですが、自分への戒めの意味で投稿したコラムが載ったメルマガのバックナンバーURLを貼っておきます。

該当箇所で冷笑しながらご覧ください。(冷笑って言葉の使い方は正しいのだろうか)

http://www.osscons.jp/ezine/backnumber/

 月に1回のペースで息子を連れて動物園に行きます。行きつけの動物園、野毛山動物園に。上野動物園など大きめの動物園も楽しいのですが、その日に思い立ってフラっと行けて、昼食込みで2時間くらいの滞在で満足感が得られる手ごろさが気に入っています。しかも、FREE(無料)!OSSの精神に則ったオープンなところもまた良いのです。(こじつけです)

 時間によっていろんな動物の食事風景を見れるのですが、先日はキリンの赤ちゃんの食事タイムを見ました。お母さんキリンの母乳が出ないらしく、子牛用の粉ミルクを与えています、との説明・・・。なんかおかしくないか?牛なんだから母親の文字通り「牛乳」を飲めばいいじゃない、子牛用の粉ミルクが存在する意味がわからん。と思っていたら、飼育員さんから説明が。結論から言うと子牛の口には母親の牛乳は一滴も入らないのだそうです。理由は、人間が全部飲んじゃうから。子牛用の粉ミルクはソフトクリームなど濃縮加工した乳製品を作る際に出る脱脂粉乳やヨーグルトを作った時に出る上澄み液(ホエーというらしい)を使って作った、なんちゃってミルク(飼育員さんがそう表現していた)なんだそうです。人間ってやつは!と人間であることを忘れて心の中で叫んだ休日の午後でした。

 そして帰り道、そういえば保育園に通っていた頃、給食で脱脂粉乳を飲まされてた事を思い出し、子牛と同じものを飲まされていた事と、子牛の飲み物まで奪っていたことで、何とも言えない感情に・・・。とにかくみなさん、牛乳を飲むときは子牛たちに思いをはせて感謝していただきましょう。

 いきなりタイトルが正確ではありません。正確に言うと私は「社長」ではないのです。代表取締役であって代表取締役社長ではない。設立当時は名前で呼ばれていたのだが、いつ頃からか会社のトップが「マスダさん」じゃあ締まらんだろうという話になって「社長」ということなってしまいました。でも、前述のとおり組織的な役職は社長ではありません。

 なぜ、こんなにくどくどとこの話をするかというと、「社長」という呼ばれ方があまり気に入っていないからです。組織上、正確ではないということもありますし、どうせなら「代表」の方がよかったとか、いろいろ理由はありますが気に入っていない理由をうまく言えません。うまく言えないうちは、自分が経営者として未熟なのだと勝手にネガティブに考え、物思いにふけったりしていました。最近は、社長というのはニックネームだと、とりあえず自分を納得させました。また、暇になれば考えてみよう、と思います。

  あと、もう一つタイトルについて。なぜ、まどぎわなのか、どちらかというと「社長」の方ではなく、こっちの方が突っ込みどころでしょう。別に自虐ネタとかではなく、本当にまどぎわに自分の席があるのです。事務所の一番端、検証用のサーバたちが居並ぶスペースの長机が私のデスク。ここに座るようになってから、「社長」と呼ばれる回数が激減しました。みんな自分たちで考えて行動しているんだ、とポジティブに解釈しています。組織的にも個人的にも、すばらしい事です。

 ちなみに、私は落ちのある話をするのが苦手です。苦手というより出来ないと言った方が正しい。子供の頃から友達に「お前はおもしろない」と言われ続けてきました。そんな自分がブログなど書くというのは無謀です。ましてやコーポレートサイトにこんなゆるいテーマでブログなど書いてよいのか、とお叱りの声もあるかもしれません。しかし、やってみようと思います。限りなく寛容な心でこのブログをご覧いただけると幸いです。

4 / 41234